中日 守護神・岡田乱調で逆転負け 与田監督は起用法に含み

[ 2020年7月10日 05:30 ]

セ・リーグ   中日6-8ヤクルト ( 2020年7月9日    ナゴヤD )

<中・ヤ(6)>9回1死一、二塁、村上に左越え2点適時二塁打を打たれ、ガックリの岡田(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 中日は守護神・岡田の乱調で逆転負けを喫した。

 1点を追う8回にA・マルティネスの中前適時打などで5―4と逆転に成功。だが、9回1死満塁から山崎、村上に連続適時打を浴び4点を失った。2カード連続の負け越しとなり、借金は今季最多タイの3。与田監督は「起用しているのは監督の責任」と敗戦を背負った。

 7日も押し出し四球で決勝点を許すなど、制球難に苦しむ守護神。今後については「これからの先の状況というのは見ていかないと」と含みを持たせた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月10日のニュース