ジャクソン投手を大麻所持容疑で逮捕 広島で活躍 9日にロッテ退団

[ 2020年7月10日 09:54 ]

先月28日の対オリックス5回でセーブを上げたジャクソン(撮影・長久保 豊)
Photo By スポニチ

 広島県警は10日、大麻を液体状に加工した「大麻リキッド」を自宅で所持していたとして、大麻取締法違反の疑いで、プロ野球の広島で活躍し、今季はロッテに所属していた米国籍の元投手ジャクソン・ジュニア・ランディー容疑者(32)を逮捕した。「何も話したくありません」と話している。

 逮捕容疑は今月7日、自宅で大麻リキッドを所持した疑い。県警によると、ジャクソン容疑者が大麻リキッドを持っているという通報があり、7日に自宅を家宅捜索して大麻リキッド数本などを発見した。

 ジャクソン容疑者は2016~18年に広島でプレーし、救援でセ・リーグ3連覇に貢献。昨季は米大リーグのブルワーズに所属し、今季ロッテに加入したが、今月9日に契約が解除されていた。本人が8日に申し出た。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月10日のニュース