ソフトB・ギータが劇的サヨナラ弾!お立ち台で松田の言葉紹介「やっぱり俺はプロ野球選手だ、って」

[ 2020年7月10日 22:08 ]

パ・リーグ   ソフトバンク2―1楽天 ( 2020年7月10日    ペイペイD )

ドーム通算1000勝のボードを手にする柳田(撮影・中村 達也)
Photo By スポニチ

 ソフトバンクは1―1で迎えた延長10回に柳田のサヨナラ本塁打が飛び出し、連敗を2でストップ。本拠地通算1000勝を飾った。

 今季初の有観客での試合で延長10回に劇的な一発を放った柳田は「嬉しいです。やっぱりいつも以上に拍手などもあったので、選手みんな引き締まったかなと思います」と嬉しそうに語った。

 続けて「なかなかファンの方には見に来ていただけなかったんですけど、(有観客になって)松田さんが一番喜んでいましたよ。いきなりホームランも打ちましたしね」と話し、先制となる今季1号ソロを放った松田のベンチでの雰囲気についても「『やっぱり俺はプロ野球選手だ』って言っていました。お客さんあってのプロ野球選手なので、僕は必死にプレーしているだけですけど、松田さんは真のプロ野球選手なのかなと思います」と明かした。

 試合全体についても「(東浜)巨が良いピッチングをしていたので、何とか勝ちを付けたかったんですけど、相手の則本投手もビタビタだったので厳しかったです」と振り返った。

 九州をはじめ、全国的に大雨で大きな被害が出ている。選手としてどんな思いがあるか聞かれると「大変な時期なので、自分は一生懸命に野球をプレーして少しのファンしか入れないですけど、そういう方たちとテレビの前のファンの方たちに良いプレーをすることだけ考えてやっています」と答えた。

 最後に「今日はいい思い出が出来ました。ありがとうございます。独特な形ですけど良いプレーをたくさん見せれるようにこれからも一生懸命プレーしますので、皆様もコロナ対策など色々とありますけど、また飽きずに野球を見に来てください」とファンへメッセージを送った。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月10日のニュース