ロッテ・石川 今季初勝利またお預け「四球と死球が多過ぎた」

[ 2020年7月10日 21:19 ]

パ・リーグ   ロッテ―西武 ( 2020年7月10日    ZOZOマリン )

<ロ・西>ロッテ先発の石川(撮影・長久保 豊)
Photo By スポニチ

 開幕投手を務めたロッテ・石川が今季4度目の先発マウンドに上がり、7回4失点と粘ったが、救援陣がリードを守れず、今季初勝利をまたしても逃した。

 初回に山川の3ランを浴びると、4回にも山野辺に右前適時打を浴びたが、5、6、7回を無安打に抑え込んだ。「四球(3)と死球(2)が多過ぎました。ボール自体も良くありませんでした。毎回言っていますが、来週また頑張ります」。チームは前日、リードしながら4回途中で降雨中止。これで2、3位決戦は2連敗で1勝2敗となり、西武に0・5ゲーム差と迫られた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月10日のニュース