有観客開催スタートのプロ野球、“敵地”観戦の西武ファンも

[ 2020年7月10日 16:19 ]

パ・リーグ   ロッテ―西武 ( 2020年7月10日    ZOZOマリン )

<ロ・西>お客さんの入場前に手すり、シートの消毒作業をするスタッフ(撮影・長久保 豊)
Photo By スポニチ

 この日から有観客となったプロ野球。ZOZOマリンスタジアムのロッテ―西武戦で、午後4時の開門時に、先頭から3人目に入場したのは、“敵地”に訪れた西武ファンの関口由麻さん(東京都内在住・会社員)だった。

 金子侑司外野手を応援する手作りのユニホームに身を包み、「一般販売で友達と3人で応募したら、内野席のチケットが3人とも取れたんです。すごく嬉しくて。西武は10年ほど応援しています。金子選手のファンなんですが(出場選手登録抹消中で)今日は出場しないので、山野辺君を応援します」と声をはずませ、席へと急いでいった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月10日のニュース