プロ野球に観客戻ってくる!全国6球場で節目の一歩 巨人・岡本「ファンの皆さん楽しんで」

[ 2020年7月10日 07:00 ]

NPB有観客開催ガイドラインの概要
Photo By スポニチ

 プロ野球は10日、政府の指針に沿って5000人を上限に全国6球場で有観客開催をスタートさせる。8日に日本野球機構は応援スタイル、ファンサービスの禁止事項、入場制限の対象者などを定めたガイドラインを公式サイト上に公開。新型コロナウイルスの感染防止対策に細心の注意を払いながら、さらなる日常化に向けて節目の一歩を踏み出す。

 無人だった客席にファンが戻ってくる。巨人は7年ぶりにほっともっとフィールド神戸でヤクルト戦を主催。上限5000人だが主砲の岡本は「ファンの皆さんは楽しみに待ってくれていたと思います。楽しんでもらいたいです」と目を輝かせた。

 感染防止対策を徹底し、観客の受け入れ態勢を整えている。座席は3万5000人収容の同球場の1階内外野席を使用。ファン同士の密接を避けるため、前後左右の数席を空ける。入り口では検温を実施し、37度5分以上の発熱で入場できない場合がある。チケットは事前に完売しており、当日券販売はない。

 球場内の飲食などの販売も行列を避けるため、焼きそばや弁当といった比較的短い時間で提供できるものに限定。アルコール類は販売せず、持ち込みも禁止だ。応援方式はなるべく大声は出さず、拍手での応援を推奨しており、応援団による先導もなし。サインや写真撮影など選手との交流もしないなど、観戦するファンには多くのルールが課される。

 岡本とともに打線の主軸を担う丸は「まだまだ人数も観戦方法も制限されていると思います」と思いやり「皆さんが心躍るようなプレーを見せたい」と意気込む。チームにとってファンの前でのプレーは2月24日の広島とのオープン戦以来、実に137日ぶり。ナインは感謝の思いを胸に、全力でプレーする。

 【甲子園】定員は4万3508人。5000人を内野席、外野席へと振り分け、最低でも2席以上の間隔を空ける。アルプス席は使用しない。感染拡大防止策として顧客情報を集めるため、年間席契約者、公式ファンクラブ会員(ダイヤモンドプラス会員)、公式ファンクラブ会員(全会員)の順に先行販売。最後に一般販売。7回裏前に「ラッキーセブン」の演出は行うが、ジェット風船は禁止。ジェット風船タオルを掲げることなどで代替。売り子は声を出しての呼び込みは行わない。マスクの対応で、受け渡し前も消毒を徹底。

 【ナゴヤドーム】定員は3万6370人。内野、外野、5階席の全てを配分して、チケットを販売する。座席間隔は最低でも前後左右2、3席は設ける。感染経路を特定するため、個人情報を特定できるようにする。シーズンシートオーナー、ファンクラブ有料会員、「ドラチケ」無料会員の順に5000枚販売。7回終了後に、ドアラがバック転を行う。チアドラは従来なら一塁ベンチ横からの登場となるが、中堅奥からに変更する。アルコール販売については保健所と相談した結果、売り子は見送り。売店のみ。

 【ペイペイドーム】定員は4万122人。感染対策を徹底した上で10~12日の3試合の観客数は約1500人→約2500人→約5000人と段階的に増やす。入場者は年間シート購入者、スーパーボックス契約者などに限定され、抽選で無料招待する。ソフトバンクが勝利した際には通常通りに花火の演出も行われる。球団は「福岡ソフトバンクホークス安心・安全宣言」と題した感染防止策を定め、球場内の換気、消毒、スタッフのマスク着用に加え、衛生的な新スタイルの提供などをファンに対して呼び掛けている。

 【京セラドーム】定員は3万6220人。12日までは下段席(内外野)のみを開放。基本的に1列飛ばし、2席の間隔を空けて販売。球団公式サイト「オリチケ」で、4000枚を販売する。次週14日から上段席の内野部分も開放し約5000枚を販売。「大商大シート」など一部指定席は事前受け付けによる抽選形式。マスコットの観客出迎えなどは当面は見送る。チア、マスコットともにグラウンドでのパフォーマンスは実施。売り子、売店などは感染防止対策を徹底。アルコール類の販売は一部制限を設け、座席での飲食を促す。

 【ZOZOマリン】定員3万118人。10日から5000人以下を内外野席に配分し、前後左右に間隔を空けながら6席に1人の割合で座る。チケットは日程、席種、天候などで価格変動する「ダイナミックプライシング」を採用。シーズンシート、外野マイシート購入者を対象に優先販売し、ファンクラブ有料会員、無料会員、一般の順に販売となる。全席指定席で、試合後14日間は半券保管を要請する。応援団入場はなく、スピーカー応援を継続。イニング間の簡単なビジョン演出、チアパフォーマンスは実施する。球場内、外周の一部店舗は時間短縮で営業するが、アルコール、売り子販売もない。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月10日のニュース