中日、ビシエド弾で今季初サヨナラ勝ち! 広島は大瀬良7回1失点も菊池保、フランスア打たれる

[ 2020年7月10日 21:07 ]

セ・リーグ   中日3―2広島 ( 2020年7月10日    ナゴヤD )

<中・広>10回裏1死、ビシエドは左越えサヨナラホームランを放ち、ベンチを指さす(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 中日が延長10回に主砲・ビシエドのサヨナラアーチで広島を下し、連敗を2でストップ。借金を2に減らした。中日のサヨナラ勝ちは今季初。広島は今季3度目のサヨナラ負けで2連敗を喫し、借金3となった。

 中日は1―2で迎えた9回、先頭・井領の中前打から敵失、犠打、四球で1死満塁とし、大島の中犠飛で同点として延長戦に突入。2―2で迎えた延長10回、1死からビシエドが左中間スタンドにサヨナラアーチとなる7号ソロを叩き込んで勝ち切った。

 広島は1―1で迎えた6回に出た菊池涼の16打席ぶり安打が左越え2号ソロとなり、勝ち越し。先発投手の大瀬良は7回5安打1失点と好投して勝利投手の権利を持って降板したが、9回に抑えに回って2試合目の菊池保が同点とされ、延長10回に4番手・フランスアが1死からビシエドにサヨナラアーチを浴びた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年7月10日のニュース