中日・ロメロ、2回3安打2失点 自分の投球「だいたいできた」

[ 2020年2月22日 14:57 ]

オープン戦   中日―阪神 ( 2020年2月22日    北谷 )

 中日の先発・ロメロは2回3安打2失点。2回2死まで無安打だったが、2死から高山に遊撃への内野安打で出塁を許すと、続く坂本に1ボールから142キロの内角直球を左翼席へ運ばれ、2ランを被弾。

 ただ、実戦初登板となった左腕は「自分のピッチングをすることが目的で、だいたいできた。ストライクゾーンにボールが行っていた」と納得顔。「徐々に調子を上げて、開幕を迎えたい」と話した。

 ロメロは来日1年目の昨季は先発の一角として8勝をマーク。今季も大野雄、柳に続くローテーション候補として期待がかかる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月22日のニュース