NPB&12球団、マスク着用など防止対策を確認 公式戦中止や無観客試合は現時点はなし

[ 2020年2月22日 05:30 ]

 日本野球機構(NPB)とプロ野球12球団は21日、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、共通の防止対策を確認した。厚生労働省は20日に大規模イベントの開催判断を主催者に委ねる指針を示し、NPBとセ、パ両リーグの理事長らで方針を決めた。

 選手とファンが接触するイベントやジェット風船使用の自粛、球場スタッフの健康管理と確認、「せきエチケット」のアナウンスなどを行う。東京ドームでは売り子ら場内スタッフのマスク着用を検討。また、NPBの井原敦事務局長は公式戦の中止や無観客試合は現時点で考えていないとした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月22日のニュース