広島ドラ1森下 オープン戦開幕投手で3回2失点 初回ピンチも菊池涼の美技で救われる

[ 2020年2月22日 14:00 ]

オープン戦   広島7―6ヤクルト ( 2020年2月22日    浦添 )

<オープン戦 ヤ・広>先発の森下 (撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 プロ野球のオープン戦が22日、各地で本格的に始まり、広島のドラフト1位ルーキー、森下暢仁投手(22=明大)がヤクルト戦(浦添)に初先発。初回にいきなり2点を失ったものの、3回2安打2失点とまとめ、開幕からの先発ローテーション入りへ向けてまずまずのスタートを切った。

 チームのオープン戦開幕投手を務めた森下は初回、先頭の坂口を2球目の148キロ直球で二ゴロに仕留めたが、続く2番・山田哲に147キロ直球を中前打されると、3番・青木は四球で歩かせて1死一、二塁のピンチ。早くも内野陣がマウンドに集まった。ここで打席に迎えた4番・雄平には低めの変化球をうまく拾われて左中間二塁打とされて先制を許すと、なおも1死二、三塁。続く5番・エスコバーにはカーブのすっぽ抜けが頭部に当たって満塁とピンチを広げた。続く6番・塩見には初球のスライダーを打ち返されたが、二塁を守る名手・菊池涼の好守で二ゴロとなり、2点目を失っただけで初回を切り抜けた。

 投球の組み立てをガラリと変えた2回は中村、西浦、浜田の下位打線を3者凡退に仕留める好投。3回は1死から山田哲を三ゴロに打ち取ったものの三塁手・ピレラの悪送球で一気に二塁進塁を許すピンチもあったが、続く青木、雄平を連続凡打に仕留めて失点は許さず。女房役を務めた正捕手・会沢に頭をなでられて“デビュー戦”を終えた。

 森下の投球内容は3回で打者13人に対して45球を投げ、2安打2失点。1三振を奪い、与えた四死球は2つだった。

 ▼広島・森下 先発を任せてもらったので、1人1人の打者を抑えられるように意識して入りました。緊張感もありながら投げられました。立ち上がりが悪かったので、これからの課題が見つかりました。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月22日のニュース