広島、西川2ラン&堂林逆転2ベースで佐々岡監督初陣飾る ヤクルト5点差守れず

[ 2020年2月22日 16:20 ]

オープン戦   広島7―6ヤクルト ( 2020年2月22日    浦添 )

<オープン戦 ヤ・広>先発の森下 (撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 プロ野球のオープン戦が22日、各地で本格的に始まり、3連覇の後で昨季は4位に終わった広島が同じく最下位のヤクルトに7―6で逆転勝ちを収めて白星スタートを切った。

 広島はオープン戦開幕投手を務めたドラフト1位ルーキー、森下暢仁投手(22=明大)が初回に2点を失ったものの3回2安打2失点とまとめると、打線は1―6で迎えた6回に田中広の適時二塁打や西川の左越え1号2ランなどで一挙4点を返して1点差。7回には堂林の2点適時二塁打で7―6と逆転してそのまま逃げ切り、佐々岡監督の初陣を勝利で飾った。

 4回から登板した2番手の中村恭はアクシデントにより1死も取れずに緊急降板となったが、薮田、一岡、床田、菊池保の豪華リレーはいずれも無失点。主砲・鈴木誠は2打席で安打なく交代したが、菊池涼は好守で新人・森下を救うなど存在感を見せ、昨夏に右膝手術で離脱した田中広は定位置の「1番・遊撃」に入って3打数1安打と結果を出した。ドラフト2位ルーキーの宇草孔基外野手(22=法大)も6回に長野の代打で登場し、初打席で左前打を放ってすかさず二盗も決めるなど開幕1軍を猛アピールしている。

 ヤクルトは先発投手の高梨が3回1安打1失点(自責0)と好投し、2番手のドラフト2位・吉田大喜投手(22=日体大)はピレラ、鈴木誠、西川、長野、安部、会沢の相手主力打者をノーヒットでピシャリ。だが、その後を受けて6回からマウンドに上がったドラフト3位・杉山晃基投手(22=創価大)が1回0/3で6安打6失点と明暗を分けて5点リードからの逆転負けを喫し、高津新監督の初陣を飾れなかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月22日のニュース