巨人・中島、“名護市営1号”「いい感じだった」

[ 2020年2月22日 14:59 ]

オープン戦   日本ハム―巨人 ( 2020年2月22日    名護 )

<オープン戦 日・巨1>5回無死 左越えソロを放つ中島(撮影・久冨木 修)
Photo By スポニチ

 巨人・中島裕之内野手(37)が、1月25日に落成記念式典を行った日本ハムのキャンプ地・名護市営球場(タピックスタジアム名護)の「1号」本塁打を放った。

 2―0の5回先頭で、井口の直球を左中間席に運び「打ったのはストレート。いい感じだった。いいポイントで打つことができた」と感想を口にした。

 今季から打撃フォームを改造。左足の上げ幅を昨季の5分の1ほどに抑え、連動する上半身の動きも無駄をそぎ落としている。16日のDeNAとのオープン戦でも本塁打を放っていて、オープン戦2試合連続アーチとなった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月22日のニュース