阪神・高山、オープン戦初戦で4安打 定位置獲得へ猛アピール

[ 2020年2月22日 15:02 ]

オープン戦   中日―阪神 ( 2020年2月22日    北谷 )

<オープン戦 中・神>7回2死、、高山は中前打を放つ(投手・ロドリゲス)(撮影・山口 和洋)
Photo By スポニチ

 阪神・高山がオープン戦初戦から4安打を放った。2回の第1打席で遊撃内野安打を放つともう止まらない。3回、5回に連続で右前打。7回の第4打席では育成右腕のロドリゲスから中前打と、外野の定位置獲得へ猛アピールに成功した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月22日のニュース