オリックス紅白戦 山岡&山本ダブルエースそろって先発 西村監督太鼓判「問題ない」

[ 2020年2月22日 05:30 ]

<オリックス・紅白戦>白組で先発した山岡泰輔は2回2失点(撮影・井垣 忠夫)
Photo By スポニチ

 オリックスのダブルエースが21日、紅白戦にともに先発で初登板。白組の山岡は初回、吉田正に被弾したがジョーンズを中飛、T―岡田を空振り三振に斬るなど2回2失点で3奪三振。「他の球種は問題ない。左打者へのシュートの精度を上げていければ」と新球以外は順調な仕上がりをみせ、2年連続の開幕投手へ前進した。

 山本は1回無安打無失点でこの日最速の153キロを計測したのはシュート。「まだ6割。直球にもう一伸び欲しい」と話すなど潜在能力は計り知れない。西村監督は「山岡も試しながらということ。2人に関しては問題ない」と心配無用を強調した。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月22日のニュース