奥川ブルペン入りのその日…ヤクルトのドラ2&ドラ3が明暗分ける 吉田喜6人ピシャリ、杉山は6失点

[ 2020年2月22日 16:00 ]

オープン戦   ヤクルト6ー7広島 ( 2020年2月22日    浦添 )

オープン戦<ヤ・広>4回から救援し2イニングを無失点に抑えたヤクルト新人の吉田喜(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 プロ野球のオープン戦が22日、各地で本格的に始まり、広島戦(浦添)に登板したヤクルトの新人投手2人が明暗を分けた。

 4回から2番手で登板したドラフト2位・吉田大喜投手(22=日体大)はピレラ、鈴木誠、西川、長野、安部、会沢の相手主力打者をノーヒットでピシャリ。

 だが、その後を受けて6回からマウンドに上がったドラフト3位・杉山晃基投手(22=創価大)はプロの洗礼を浴びた。6回、先頭・野間をいきなり四球で歩かせると、自らのけん制悪送球でピンチを広げた後で続く田中広に右翼へ二塁打されて9球で初失点。その後、2死を取ったものの左打者の西川に左翼スタンドへ2ランされるなどこの回一挙4点を失った。

 7回も続投したが、安打と四球で再び無死1、2塁のピンチを招くと、小園の送りバントを自ら処理して一塁へ悪送球。続く堂林に逆転の左中間二塁打を許して降板となった。

 2回で20球を投げ、打者6人を無安打に抑えた吉田喜に対し、杉山は1回0/3で13人に49球を投げ、6安打6失点。2軍調整中のドラフト1位ルーキー・奥川恭伸投手(18=星稜)が初めてブルペン入りしたこの日、1軍帯同中のドラフト2位と3位は明暗を分ける結果となった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月22日のニュース