ロッテ コロナ対策で壮行会イベント中止 朗希、22日の西武との練習試合に備え四国初上陸

[ 2020年2月22日 05:30 ]

佐々木朗は坂本龍馬像(右奥)の出迎えを受けながら高知空港に到着した(撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 朗希を守れ!ロッテは21日、新型コロナウイルスなどの感染症予防対策として3月10日に海浜幕張駅周辺で予定していた「開幕カウントダウン壮行会」、同11日の出陣式などのイベント中止を決定した。ファンにとってはドラフト1位・佐々木朗(大船渡)と交流できる貴重な機会だが、選手、球団スタッフ、さらにはファンの健康を最優先するために苦渋の判断を下した。

 15日に発表したハイタッチ、サイン、写真撮影、プレゼントの受け渡しなどのファンサービス自粛も継続。29日から本拠地でのオープン戦が始まるが、ジェット風船の販売も取りやめる。

 22日の西武との練習試合に備えて沖縄から高知入り。佐々木朗にとって四国初上陸となった。井口監督は「気温の違いもある。マリンに帰ればもっと寒くなる」と体調管理を求めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月22日のニュース