広島、貴重なリリーフ左腕が…中村恭がオープン戦初戦で緊急降板 「治療」アナウンスも交代

[ 2020年2月22日 14:18 ]

オープン戦   広島7―6ヤクルト ( 2020年2月22日    浦添 )

 広島の中村恭平投手(30)がオープン戦初戦となったヤクルト戦(浦添)に2番手として登板。12球を投げ、1死も取れずに緊急降板した。

 中村恭は、先発して3回2失点だったドラフト1位ルーキー、森下暢仁投手(22=明大)の後を受けて4回から登板。エスコバー、塩見、中村に3連打されて1点を失うと、続く8番・西浦には3球連続ボール。ここでマウンドに投手コーチや捕手の会沢、内野手が集まり、中村恭は歩いてベンチへ。場内には「治療」とアナウンスされたが、マウンドへは戻らず、3番手・薮田がコールされた。

 中村恭は昨季途中から貴重な左のリリーフとして活躍。プロ10年目の今季は初の開幕1軍を目指している。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月22日のニュース