日本ハム・ドラ1河野 1軍実戦デビューは2回3安打2失点

[ 2020年2月22日 14:22 ]

<オープン戦 日ハム・巨人>力投する河野(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 日本ハムのドラフト1位・河野竜生投手(21=JFE西日本)が22日、沖縄・名護で行われた巨人とのオープン戦で3回から2番手として登板し、1軍実戦デビュー。2回、打者9人を相手に37球を投げ、3安打2失点1奪三振という内容だった。

 3回、先頭の7番・中島の中前打でいきなり走者を背負う展開。1死一、三塁となってから1番・吉川尚に左越え適時二塁打を浴びて先制点を許した。その後も2死二、三塁から3番・モタに左前適時打を浴びて2点目を失った。

 それでも4回は、4番・岡本を空振り三振、5番・大城を二ゴロ、6番・石川を遊ゴロに打ち取って3人で終了。予定していた2イニングを投げ切り、降板した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月22日のニュース