阪神 3発12安打でオープン戦白星スタート 開幕投手・西勇は2回1失点

[ 2020年2月22日 15:50 ]

オープン戦   中日2―6阪神 ( 2020年2月22日    北谷 )

オープン戦<中・神>初回、野手陣に声をかける阪神先発・西勇 (撮影・山口 和洋)
Photo By スポニチ

 阪神が中日とのオープン戦開幕戦を6―2で制した。2回2死一塁から坂本の左越え2ランで先制。3回にはマルテの左越え2ランなど4安打で3点を追加した。4回にも近本の右越えソロで加点。3本塁打を含む12安打を放ち、同一リーグ相手に活発な打線を見せつけた。

 投げては開幕投手に決定している西勇が2回を3安打1失点。その後は高橋、横山、浜地、岩貞とつなぎ逃げ切った。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月22日のニュース