DeNAドラ1・森 三浦2軍監督のゲキに応えプロ初盗塁「がむしゃらに走りました」

[ 2020年2月22日 05:30 ]

<D・中>初回、石川の時、一走・森が二盗を決める(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 DeNAドラフト1位の森(桐蔭学園)が「プロ初盗塁」を決めた。中日2軍との練習試合に「1番・遊撃」で先発出場すると、初回にいきなり初球を左前打。続く石川の3球目にスタートを切り、二塁を陥れ「試合前、三浦監督に“あとは足をしっかり見せろ”と言われて気が引き締まった。がむしゃらに走りました」と笑顔を見せた。

 その後2打席は凡退も、実戦5試合で打率・455をマーク。沖縄での実戦は残り1試合となり「しっかりした準備をしていきたい」と口元を結んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月22日のニュース