阪神・近本 152安打目からのリーグ単独トップ34盗塁

[ 2019年9月18日 20:54 ]

セ・リーグ   阪神―ヤクルト ( 2019年9月18日    甲子園 )

<神・ヤ>7回1死一塁、近本は山田哲の前で二盗を決める(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 近本がリーグ単独トップとなるシーズン34個目の盗塁を記録した。

 1点を追う7回。先頭打者としてシーズン152安打目を中前に運んで出塁すると、1死後、マルテの初球にスタートを切った。33盗塁で並んでいた山田哲のタッチよりも先に二塁に到達し、セ・リーグ単独トップに躍り出る34盗塁。さすがの快足でチャンスを広げた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月18日のニュース