逆転CS目指す阪神が先制 大山が5試合ぶりの打点

[ 2019年9月18日 19:30 ]

セ・リーグ   阪神―ヤクルト ( 2019年9月18日    甲子園 )

<神・ヤ>4回1死二塁、大山は中前に先制適時打を放つ(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 阪神が、2試合ぶりに先発出場した大山の一打で先制に成功した。

 0―0で迎えた4回だ。先頭の糸原がブキャナンから四球を選んで出塁すると、1死二塁となり、大山が還した。2球で追い込まれた後のカウント1―2からの4球目。内角スライダーを無理に引っ張らず、弾き返すと、打球は遊撃左をゴロで抜けていく適時打となった。

 打撃の低迷から出場機会は減少傾向で、15日の巨人戦以来2試合ぶりにスタメンに抜てきされた。第1打席には二塁打を放っており、2打席連続安打。2安打目は貴重な先制点となった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月18日のニュース