東洋大・山崎が先制V弾「4年生と一日でも長く野球がしたい」

[ 2019年9月18日 05:30 ]

東都大学野球   東洋大4―1亜大 ( 2019年9月17日    神宮 )

初回2死二、三塁、東洋大・山崎は左越え本塁打を放つ (撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 東洋大は山崎基輝選手(3年)の先制本塁打など2本塁打で亜大に快勝した。

 5番・山崎が先制3ランで勝利を呼んだ。初回2死二、三塁から左翼席に運び「スライダーを狙ってました。クリーンアップとして打点にこだわってます」と話した。

 今春の全日本大学選手権は優勝した明大に準々決勝で完敗。「4年生と一日でも長く野球をしたいんです」。リーグ春秋連覇、そして11年ぶりの明治神宮大会制覇へ、勝利に導く打撃を心掛けていく。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月18日のニュース