中大、00年春以来の開幕3連勝 後藤が好救援「自信がついてきた」

[ 2019年9月18日 05:30 ]

東都大学野球   中大2―1駒大 ( 2019年9月17日    神宮 )

4回途中から登板した中大・後藤 (撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 中大が2―1で駒大に競り勝ち先勝した。

 わずか4安打でも相手失策の決勝点を4回途中から救援した2番手の後藤が5回1/3を3安打無失点で守り抜いて、00年春以来の開幕3連勝。「毎回ピンチでヒヤヒヤしたけど」と言う清水達也監督の表情も明るい。

 全3試合に救援して2勝の後藤は「春から勝てるようになって自信がついてきました。いつでも行ける準備をしているし、明日も行けます」と2年生右腕は連投OK宣言。04年秋以来の優勝へ好スタートを切った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月18日のニュース