オリ榊原1軍復帰へ 7月に右肩痛で離脱「思った以上に長引いた」

[ 2019年9月18日 05:30 ]

オリックス・榊原(撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 右肩痛で離脱していたオリックス・榊原が、19日のソフトバンク戦(ヤフオク)で2カ月ぶりに1軍復帰する見通しとなった。

 「思った以上に長引いてしまい、悔しい思いをした。(肩は)もう全然、大丈夫です」

 今季は12試合に先発し3勝4敗、防御率2・72。10試合連続クオリティースタート(6回以上、自責点3以下)をマークするなど存在感を示してきたが、7月5日に「右肩甲下筋筋損傷」のため出場選手登録を抹消。8月22日のウエスタン・リーグ広島戦で実戦復帰し1回無失点するなど状態良化し、1軍マウンドへこぎつけた。

 この日は、大阪・舞洲の室内練習場で投手指名練習に参加し、キャッチボールなどで調整。「残り試合も少ないので、しっかり自分の仕事ができるように」と意気込んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月18日のニュース