阪神・近本がマルチ安打で長嶋氏の記録に王手!7回にチャンスメークの1本

[ 2019年9月18日 20:44 ]

セ・リーグ   阪神―ヤクルト ( 2019年9月18日    甲子園 )

<神・ヤ>7回無死、近本は中前打を放つ(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 阪神・近本がシーズン152安打目を放ち、偉大な記録に王手をかけた。

 1点を追う7回、先頭打者とした迎えた第4打席だ。カウント1―1からの3球目。この回からマウンドに上がったハフのストレートを、やや詰まりながらも中前に運んだ。第一打席に左前打を放っておりこの試合マルチ安打。長嶋茂雄氏が持つセ・リーグ新人シーズン最多安打記録の153本まであと1本とした。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月18日のニュース