ロッテ福浦引退で“幕張ジャック” アパホテルは窓明かりで「9」

[ 2019年9月18日 05:30 ]

ロッテ・福浦の引退に際し、22~24日にアパホテル東京ベイ幕張で点灯される「9」のイメージ
Photo By スポニチ

 ロッテ・福浦兼任2軍打撃コーチの引退セレモニーが23日の日本ハム戦(ZOZOマリン)で行われる。当日は井口監督以下、コーチ、選手が9番のユニホームで戦うが、その前後を含めた22~24日の3日間、本拠地・幕張が「背番号9」で染まることになった。

 JR海浜幕張駅では駅職員が福浦ユニホームを着用。駅コンコースでは応援歌を放送し、電光掲示板で「ありがとう 福浦選手」が流れる。また、京成バスもユニホームやBGM、行き先掲示板メッセージで同様の感謝を表現する。

 アパホテル東京ベイ幕張では23日、ホテルの窓明かりで表現するウインドーイルミネーションで「9」を作る。企画を耳にした福浦は「感謝しかないね」と笑顔を浮かべた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月18日のニュース