ヤクルト山田、史上3人目の35発35盗塁へ「やることは変わらない」

[ 2019年9月18日 05:30 ]

ヤクルト・山田哲(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 ヤクルト・山田哲が史上3人目の35本塁打、35盗塁に挑む。現在、34本塁打と33盗塁で、18日からの阪神2連戦で達成の可能性がある。

 これまで53年の中西太(西鉄)と87、90年の秋山幸二(西武)しか到達していない偉業だが「やることは変わらない。本塁打を打ちたい気持ちもあるけど、大振りにならないように。盗塁もいけるところは積極的にいきたい」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月18日のニュース