オリ吉田正、球宴1号で敢闘賞 ホームランダービー準Vも「本番で1本打てて良かった」

[ 2019年7月14日 05:30 ]

マイナビオールスタゲーム2019第2戦   全パ3―11全セ ( 2019年7月13日    甲子園 )

3回1死一塁、吉田正は右中間2ランを放つ(撮影・大森 寛明)  
Photo By スポニチ

 オリックス・吉田正が代名詞のフルスイングで大砲ぶりを証明した。2年連続2度目の出場で記念の球宴1号となる2ラン。初の敢闘選手賞を受賞し、賞金100万円を獲得した。

 「昨日の(山本)由伸に続いて同じ賞を取れてうれしい。真っすぐに押されないように打とうと思っていました。打球があまり上がらなかったけど、初の本塁打だったし入ってくれて良かったです」

 3回だった。西川の右前適時打で1点を返し、なおも1死一塁の好機で結果を示した。1ボールからの2球目、柳の高めカットボールを右翼席へ放り込んだ。試合前には決勝へ進んだホームランダービーで3本に終わって全セ・鈴木に敗れただけに「いやあ、ダメでした。なので、本番で1本打てて良かったです」と挽回の一振りを振り返った。

 前半戦は借金6の最下位でも、2位・日本ハムまで4ゲーム差。「今日も試合ができたし、明日はしっかり休んで。まだチャンスは全然ある。巻き返したい」。逆襲の後半戦へ弾みをつけた。 (湯澤 涼)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月14日のニュース