稲葉監督、大学侍を激励 明大・森下に期待「完成されている」

[ 2019年7月14日 05:30 ]

エースの森下暢(右)ら侍ジャパン大学代表ナインと握手する稲葉監督(撮影・久冨木 修)
Photo By スポニチ

 侍ジャパンの稲葉篤紀監督が13日、神奈川県内で侍ジャパン大学代表のメンバーを激励した。

 16日から日米大学野球選手権に臨む選手に、グラウンドで「チームを一つに、結束力を持ってやってほしい。侍ジャパンの誇りを胸に、自覚と責任を持ってやってください」。今秋ドラフト1位候補・森下(明大)にも「トータル的に完成されている。プロに入っても“(代表の)トップチームでやりたい”という思いになってくれれば」と期待を寄せた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月14日のニュース