広島・誠也2年連続球宴弾!ホームランダービーでは初優勝「奇跡」

[ 2019年7月14日 05:30 ]

マイナビオールスターゲーム2019第2戦   全セ11―3全パ ( 2019年7月13日    甲子園 )

4回1死、鈴木は左越えにソロ本塁打を放つ(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 広島・鈴木が2年連続の球宴アーチを決めた。2打席目に高橋光から中前打を放って迎えた3打席目。4回1死、フルカウントから二木の真ん中付近の135キロの直球を左翼席へ着弾させ、「ファンの方はホームランを喜んでいると思うので、数多く出たホームランの中に加われて良かった」と笑顔だった。

 ホームランダービーでは3度目の出場で初優勝。森を4―3、昨年王者の筒香を5―4で下して決勝進出。先に3本だった吉田正に対し、制限時間2分間の残り50秒でバックスクリーンに4本目を叩き込んで、賞金100万円を獲得した。

 「奇跡です。まさか取れるとは思っていなかった。吉田(正)さんの予選が前日でなかったら僕が負けていたと思う」

 初戦は広島の上野打撃投手ではなく、菊池涼が“登板”。「練習していなかったので打ちづらかった。ずっと上野さんが投げたがっていたので、ハメようと思って…」と舞台裏を明かして笑った。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月14日のニュース