【青森】弘前南が金星!春夏6度出場の八戸工大一撃破

[ 2019年7月14日 05:30 ]

第101回全国高校野球選手権 青森大会2回戦   弘前南5―3八戸工大一 ( 2019年7月13日    八戸長根 )

<弘前南・八戸工大一>好リリーフのエース兼主将の相馬
Photo By スポニチ

 黒縁メガネのエース兼主将が不屈の闘志で大金星だ。2点リードの8回。それまで中堅を守っていた青森・弘前南の背番号1を背負う相馬が救援登板。先頭打者の途中に右足ふくらはぎがつりながら10分間の治療後にマウンドに戻り、打者6人を完全に封じて甲子園春夏6度出場のシード校・八戸工大一を撃破した。

 「気をつけて水を飲んでいたけど、つってしまって…。でも、陸杜(りくと、斎藤)のために投げようと思った」。背番号1を争った左腕・斎藤陸が先発で7回3失点の力投。ところが、その斎藤が内転筋を痛めて急きょ出番が来た。「力んでいた」からか、いきなり右足に激痛が走る。それでもマウンドに戻ってから3者三振に斬ると、9回も3者凡退できっちり締めた。

 エースの意地と主将の責任感。「うれしくて、勝ったのか分からなかった」。試合後には涙も見せた。打っても3番打者で打線を引っ張る二刀流は「大谷さんを見て格好いいなと。(投打)どちらも中途半端は嫌なので全力でやってきた」。春夏通じて初の甲子園へ。黒縁メガネで笑う相馬の言葉が、快進撃の始まりを告げていた。(秋村 誠人)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月14日のニュース