ムネリン台湾で現役続行 体調75%回復「選手9割、コーチ1割」

[ 2019年7月14日 05:30 ]

13日、台北市で記者会見する川崎宗則氏
Photo By 共同

 ソフトバンクや大リーグで活躍した川崎宗則氏(38)が13日、台北市で記者会見し、台湾プロ野球(CPBL)に復帰する味全の客員コーチ就任を発表し「選手として9割、コーチとして1割です」と述べ、現役続行を表明した。

 18年3月に体調不良でソフトバンクを退団したが「体調は75%回復している。一番いいプレーができるときは73%。問題ありません」と述べ、現役続行に自信を示した。味全は99年にCPBLを脱退したが、今年6月に復帰が決まった。来年は2軍でスタートし、1軍には21年から参戦する。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月14日のニュース