【千葉】黒潮打線復活へ…銚子商が毎回16点猛攻 沢田監督「まだまだ」

[ 2019年7月14日 05:30 ]

第101回全国高校野球選手権 千葉大会2回戦   銚子商16―0佐倉東(5回コールド) ( 2019年7月13日    ZOZOマリン )

<銚子商・佐倉東>勝利し、校歌を歌う銚子商ナイン
Photo By スポニチ

 銚子商は14年ぶりの甲子園へ、佐倉東に5回コールド勝ちした。13安打に5盗塁を絡め、毎回の16得点。初回1死三塁から先制の右越え適時三塁打を放ち、猛打の口火を切った3番・常世田は「前にも後ろにもいい打者がいるので、勢いに乗った」と話した。

 就任3年目で同校OBの沢田洋一監督は打撃中心のチームづくりに着手。「黒潮打線復活か?」の質問には「まだまだです」と気を引き締めていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月14日のニュース