17年準V打線不発 日本通運、JR東海先発の戸田に脱帽

[ 2019年7月14日 05:30 ]

第90回都市対抗野球第1日 1回戦   日本通運1-2JR東海 ( 2019年7月13日    東京D )

まさかの初戦敗退となった日本通運ナインはガックリと引き上げる(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 17年準優勝チームが初日に姿を消した。日本通運は、初回無死三塁の先制機で2、3番が連続三振を喫するなどし、無得点。7回までゼロ行進が続いた。

 藪宏明監督は「戸田にやられた。それだけ。フォークにカットなど手玉に取られた」と脱帽するしかなかった。8回2死から都市対抗初本塁打を放った諸見里も「負けたら意味がない」と悔しがった。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年7月14日のニュース