マエケン2被弾含む6回途中3失点6敗目、6月から白星遠く

[ 2019年7月14日 02:30 ]

インターリーグ   ドジャース8―1レッドソックス ( 2019年7月12日    ボストン )

<レッドソックス・ドジャース>6回途中で降板した前田(AP)
Photo By AP

 ドジャースの前田は序盤の一発攻勢に泣き、5回2/3を4安打3失点で6敗目(7勝)を喫した。初回にディバースに真ん中高めの速球を、2回にはバスケスに甘いチェンジアップを打たれ、打球はともに球場名物の巨大な左翼フェンス「グリーンモンスター」を越えた。

 6回に2本の二塁打で1点を追加され「悔やまれる失点」と肩を落とした。後半戦初戦を託され、昨季のワールドシリーズの相手だったレッドソックスと対戦。「オールスター休みを挟んでいつもと違う調整で、ブルペンに入れなかった」。6月以降は白星から遠ざかっている。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月14日のニュース