【岡山】創志学園・西7回10K 制球重視で最速150キロ

[ 2019年7月14日 05:30 ]

第101回全国高校野球選手権 岡山大会1回戦   創志学園11―2岡山南 ( 2019年7月13日    倉敷マスカット )

<岡山南・創志学園> 帽子を飛ばし力投、7回2失点で初戦突破した創志学園・西 (撮影・平嶋 理子)     
Photo By スポニチ

 創志学園(岡山)はドラフト1位候補の西が最後の夏で成長した姿を見せた。岡山南戦は雨が降り続く悪条件の中、2回に押し出し四球を含む2点の先制を許した。「昨年までの自分だったら2回で崩れていた。しんどい時こそ我慢だと考えた」。

 3回以降は制球重視にシフトし、7回を5安打2失点で10奪三振。投球後に帽子を振り落とす場面が見られ「体の振りが首に伝わっているのでダメ」と反省したが、最速150キロを計測。広島の白武佳久スカウト部長は「初戦の力みもあったかな。評価は変わらんし、ドラ1ですよ」と評価した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月14日のニュース