【東東京】4校連合、意地の2得点!代打出場の坂本は感謝

[ 2019年7月14日 05:30 ]

第101回全国高校野球選手権 東東京大会2回戦   都浅草・かえつ有明・都科学技術・都桐ケ丘2―16錦城学園 (6回コールド) ( 2019年7月13日    神宮第二 )

 都浅草・かえつ有明・都科学技術・都桐ケ丘の4校連合(東東京)で臨んだが、錦城学園に6回コールド負けを喫した。限られた練習環境の中で2点を奪った金子大樹監督は「練習でやってきたことをしっかりと出してくれた」と称えた。

 1年時の冬に脳梗塞で倒れ、まだ右半身にはまひが残る科学技術の坂本も最後に代打で出場。中飛だったが「チームにも家族にも感謝です。最後に出場させてもらえてうれしかった」と笑顔で振り返った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月14日のニュース