西武・光成3被弾で6失点「まだまだなんだと感じた」

[ 2019年7月14日 05:30 ]

マイナビオールスタゲーム2019第2戦   全パ3―11全セ ( 2019年7月13日    甲子園 )

2回1死一、三塁、筒香に左中間3ランを打たれた高橋光(撮影・大森 寛明)  
Photo By スポニチ

 初出場の西武・高橋光はホロ苦いデビューとなった。0―2の2回に2番手で登場。いきなり原口、梅野に連続本塁打を浴びるなど計3被弾。「緊張していた」と前橋育英時代に甲子園優勝を果たした思い出の地で1回7安打6失点と崩れた。「セ・リーグを代表する打者と対戦し、自分の球がまだまだなんだと感じた。シーズンじゃなくて良かった」。

 それでもロペスと対戦前には、マウンドに集まった甲斐や松田宣らから激励を受け、「みんなが優しくしてくれて泣きそうだった」と笑みを見せた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年7月14日のニュース