輝星、次回登板は26日2軍戦 復帰後初の全体練習合流

[ 2019年5月23日 05:30 ]

ブルペンで投球練習を行う日本ハム・吉田輝       
Photo By スポニチ

 日本ハム・吉田輝の次回登板が26日のイースタン・リーグ、西武戦に決まった。新人右腕はウイルス性胃腸炎のため17日の同DeNA戦の先発を回避していた。最長で2イニングをメドに救援登板する予定。1軍は6月7~9日に阪神3連戦があり、甲子園デビューにも可能性を残した。

 復帰後初めて全体練習に合流した吉田輝はブルペンで捕手をホームベース上に座らせて投球練習。「5、6割」の力で行い「休む前と(感触は)そんなに変わらなかった」と話した。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2019年5月23日のニュース