日本ハム・清宮 24日に1軍昇格 25日の20歳の誕生日前に朗報 DHでの出場が濃厚

[ 2019年5月23日 22:30 ]

清宮幸太郎
Photo By スポニチ

 右手有鉤(ゆうこう)骨骨折からの復帰を目指す日本ハム・清宮が、24日の西武戦(メットライフ)で1軍に昇格することが決まった。

 この日の試合後、吉村浩GMは「明日登録します。監督も使うと言っている」と明言。DHでの先発出場が濃厚だ。25日に20歳の誕生日を迎える2年目の大砲に、誕生日前に朗報が届いた。

 昨年11月の沖縄県国頭村での秋季キャンプ期間中に右手首を痛め、同12月から約1カ月間も打撃練習を回避した。2月の春季キャンプでは患部の状態も回復し、実戦でも順調にアピール。しかし3月3日のオープン戦での打席でファウルを放った際に右手首を痛めて途中交代、翌日有鈎骨骨折と診断された。

 清宮はこの日イースタン・リーグ、巨人戦に「3番・DH」でフル出場し、2打数無安打2三振だった。ここまで24打数6安打、打率250、1本塁打。2試合連続無安打に「もう少し何とかできた。いつでも(1軍に)行けるようにやっているけど満足はしていない」と反省。それでも試合前には復帰後初めてシートノックに入り、荒木2軍監督兼投手コーチは「良かったから入れた」と守備のリハビリも順調に進んでいることを示していた。

 

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2019年5月23日のニュース