日ハム・杉浦、札幌ドームでついに失点 無失点記録は21イニングで途切れる

[ 2019年5月23日 18:52 ]

パ・リーグ   日本ハム―楽天 ( 2019年5月23日    札幌D )

日本ハム先発投手の杉浦(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 日本ハムの杉浦稔大投手(27)が23日、楽天戦に先発登板。2回に失点を許し、札幌ドームでの無失点記録が21イニングでストップした。

 杉浦は札幌ドームで通算4試合に登板して3勝0敗。この日の試合前の段階では20イニングを投げ失点0と抜群の安定感を誇っていた。

 しかし、この日は2回に早くもつかまり、銀次とブラッシュの連続安打で無死一、三塁のピンチに。7番・辰巳の二ゴロの間に三塁走者の銀次がホームインし、通算22イニング目で1点を失った。その後は後続を打ち取り、失点は1でとどめた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年5月23日のニュース