巨人・高橋、プロ最短4回KO 初適時打浴びる「粘り切れなかった」

[ 2019年5月23日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人1―5DeNA ( 2019年5月22日    東京D )

初回1死一塁、ソトに2ランを浴びる高橋(撮影・西尾 大助)
Photo By スポニチ

 巨人は新人左腕の高橋がプロ入り最短の4回3失点で2敗目。「不用意にストライクを取りにいってしまった」と初回、ソトにスクリューボールを左中間席に先制2ランされ、苦しい投球が続いた。

 1―2の4回は伊藤光に右前適時打。それまでの計10失点は全て本塁打で、自身11失点目が初めての適時打だった。前日は地元・茨城で凱旋登板予定だったが、雨天中止で初のスライド登板。失点はいずれも四球が絡み「いつもよりボールが高かった。粘り切れなかった」と反省した。

 打線はゲレーロが2回に放った6号ソロの1点のみ。ゲレーロの2つを含む3併殺打に、9回は丸と岡本が連続で見逃し三振し、原監督は「1点ではゲームを支配するのは難しい。全員が奮起しないと。凡打の内容が非常に重要」。24日から対戦する首位・広島とは1.5ゲーム差に開いた。 (神田 佑)

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2019年5月23日のニュース