楽天ドラフト6位・渡辺佳、プロ初先発で初ヒット!「こんなに早く出るとは思いませんでした」

[ 2019年5月23日 19:34 ]

パ・リーグ   楽天―日本ハム ( 2019年5月23日    札幌D )

楽天の渡辺佳明内野手
Photo By スポニチ

 楽天ドラフト6位の渡辺佳明内野手(22)が23日、日本ハム戦に「9番・三塁」でプロ初の先発出場。5回の第2打席に日本ハム先発の杉浦からプロ入り初ヒットを打った。

 2回、2死一塁で迎えた第1打席。好投手・杉浦に7球投げさせ、ルーキーらしからぬ粘りを見せた。5回の第2打席は1死ランナーなし。杉浦の初球を叩き中前打を記録した。「打ったのはスライダーです。最初の打席で調子はいいと感じたので、この打席は初球から積極的にいこうと思っていました。でも、こんなに早く出るとは思いませんでしたね。初ヒットのボールはこれまでずっと自分を見てきてくれた家族に渡して実家に飾ってもらいます」と笑顔で語った。

 渡辺佳は2019年、明大からドラフト6位で楽天に入団。東京六大学リーグでは4度のベストナインを獲得し、4年秋には首位打者のタイトルを手にしている。今季は5月19日にドラフト7位の小郷裕哉外野手(22)とともに一軍へ昇格。21日に代走で1軍デビューを果たしていた。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2019年5月23日のニュース