楽天・平石監督 プロ初先発で初安打の渡辺佳に「いいものを持っている。チャンスをあげたい」

[ 2019年5月23日 22:45 ]

パ・リーグ   楽天2-11日本ハム ( 2019年5月23日    札幌D )

ベンチで試合を見つめる平石監督(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 楽天先発の辛島は5回を投げ、7安打5失点。平石監督は「しようがない。メチャクチャ悪かったワケではない」と擁護。「相手の対応でどの球をチョイスするか迷ったと思う。今日は難しかった」と、展開が悪かったことを強調していた。

 プロ初の先発出場となったドラフト6位の渡辺佳は、5回の第2打席で初ヒットを記録。初球を捉える積極性に、平石監督は「(チャンスを)逃さずに佳明らしい」と高評価。「左肩が出すぎて、ボールとの距離感が近いこともあってそこが気になるけど、いいものを持っている。また、チャンスをあげたい」と、ルーキーの将来に期待していた。

続きを表示

この記事のフォト

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2019年5月23日のニュース