中日、大瀬良に3連続完投負け 与田監督「次に向けて何とかしていく」

[ 2019年5月23日 05:30 ]

セ・リーグ   中日1―3広島 ( 2019年5月22日    マツダ )

選手交代を告げベンチに戻る与田監督 (撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 中日が貧打にあえぎ、大瀬良に登板3試合続けて完投負けを喫した。5回まで走者を1人も出すことができず、7回2死一塁から高橋の右中間適時二塁打で完封負けを阻止するのがやっと。3安打に終わった与田監督は「そう簡単に打ち崩せないが、次に向けて何とかしていかないと」と天敵の攻略を誓った。

 直近5試合の総得点はわずか10点と得点力不足は顕著。打線の不振が響いて借金は今季最多6に膨らみ、指揮官は「元気が出ないのではなく力がない。素直に受け止めてやっていくしかない」と奮起を促した。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2019年5月23日のニュース