オリ逆転サヨナラ!小田が殊勲打「“絶対に打ってやろう”と」

[ 2019年5月23日 05:30 ]

パ・リーグ   オリックス5―4ロッテ ( 2019年5月22日    京セラD )

サヨナラ打を放ち ガッツポーズの小田(撮影・後藤 正志)
Photo By スポニチ

 両手を突き上げて、歓喜のウオーターシャワーを浴びた。オリックスを、今季初の逆転サヨナラ勝ちに導いたのは小田だった。土壇場で同点打を放った後藤とお立ち台に上がり、声を張り上げた。

 「うれしかったです!サイコーです!」

 2点を追う9回にドラマが待っていた。お膳立ては2死満塁から代打で登場した後藤。「“絶対に打ってやろう”と集中を高めて打席に入った」。益田の外角低め直球を巧打し中前へ同点2点打。続く福田が四球で出塁し再び満塁。巡ってきた絶好機で小田が応えた。

 「駿太も打って、みんながつないでくれて。ベンチで白崎と“満塁で回ってくるな”って話していたので、準備はできていました」。カウント2―2からの5球目、外角高め144キロを振り抜いて左前へ、はじき返した。

 俊足巧打の外野手で、毎年のように定位置をつかみかけながら昨年6月には左手骨折で長期離脱するなど故障に泣かされてきた。今季も開幕レギュラーで起用されながら4月7日に左大腿裏の筋損傷で出場選手登録を抹消。「1カ月、地道にリハビリをやってきたので、これだけ声援をもらえると…」と、かすれた声で振り返った。

 敗れれば、今季最多借金9を背負う瀬戸際で連敗を2で止めた。西村監督も「頼りになる。期待通りの結果を出してくれた。ケガをしたのもあって“結果を出すんだ”という気持ちが伝わってきますよ」と頬を緩めた。この劇的勝利を、最下位脱出の足掛かりとする。(湯澤 涼)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年5月23日のニュース