阪神 劇的サヨナラ勝ちで3連勝! 0―0で迎えた9回1死満塁から糸原が決めた! ヤクルト泥沼8連敗

[ 2019年5月23日 21:27 ]

セ・リーグ   阪神1―0ヤクルト ( 2019年5月23日    甲子園 )

<神・ヤ>9回2死満塁、糸原はサヨナラ打を放ち、ガッツポーズ(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 阪神が糸原の安打で劇的な9回サヨナラ勝ちを収め、3連勝。ヤクルトは昨年7月以来となる8連敗を喫した。

 阪神・高橋遥、ヤクルト・ブキャナンと両先発投手がともに6回無失点と好投し、リリーフ陣も踏ん張って0―0のまま迎えた9回だった。

 阪神は1死から四球で出塁した梅野がマクガフの一塁けん制悪送球で二塁へ進むと、マルテも四球で歩いて一、二塁。ここで北條が左前打を放って1死満塁とすると、続く糸原が右中間へサヨナラ打を放った。

 ヤクルトは4回以外毎回走者を出しながらあと1本が出ず。8回途中から登板した4番手・マクガフが力尽きた。

続きを表示

この記事のフォト

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2019年5月23日のニュース