阪神・近本、走って刺した!盗塁&補殺で2冠「自分ができることを」

[ 2019年5月23日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神3―2ヤクルト ( 2019年5月22日    甲子園 )

5回2死二塁、雄平の打球をさばいた近本は、本塁に好返球で二塁走者・山田哲の生還を阻む(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 足で、バットで、肩でも魅せた。近本が4打数2安打2盗塁と躍動。ハイライトは1―1の5回の守備だ。2死二塁から雄平の中前打に猛チャージし、ワンバウンドで完ぺきなバックホーム。俊足・山田哲を刺すスーパー補殺で勝ち越しを許さなかった。

 「打球が速かったんで、しっかり捕ってしっかり投げれば勝負になるかなと思った。自分ができることをしっかりやれてよかった」

 伏線があった。17日の広島戦の4回。同じ2死二塁で、西川の中前打の本塁送球が一塁側にそれて先制を許していた。「試合中は意識していなかったけど、練習で意識して取り組んできたのがよかった」。やや三塁寄りの、梅野が1番タッチしやすい場所へ届けた送球で、練習の成果を見せつけた。まだ前半戦ながら直接送球による3補殺はリーグトップだ。

 最大の武器でもリーグ単独首位に躍り出た。初回に二塁内野安打で出塁すると、すぐさま二盗。5回2死一、二塁では二塁走者として糸原との重盗に成功した。13盗塁は山田哲、中日・大島の12を抜いてのトップ。「ありがとうございます」と笑ったが、目指すところはまだまだ先だ。

 打撃では少し調子を落としており、初回の内野安打が10打席ぶりの安打だった。試合前に矢野監督と話し込む場面も。指揮官は「打てなくても落ち込まんと、前向いてやっていこうという気持ちは持ってるんだけど。まあそういうことを先輩として言いました」とメンタル面で助言を送ったことを明かした。課題が出ても、すぐに取り返す。新人とは思えぬ24歳が日に日にたくましさを増している。(山添 晴治)

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2019年5月23日のニュース