【中畑清 視点】“失速”巨人に気になるシーン「勇人、自分の姿を振り返って」

[ 2019年5月23日 08:30 ]

セ・リーグ   巨人1―5DeNA ( 2019年5月22日    東京D )

巨人・坂本勇
Photo By スポニチ

 勢いに陰りが見える巨人に気になるシーンがあった。1点リードされた3回、坂本勇人の打席だ。初球ボールの後の2球目、外角低めの真っすぐをファウルして右膝をついた。体勢を崩すほどフルスイングしてるんだ。2死無走者。一発を狙っていい場面だけど、後ろの丸、岡本につなぐ意識が開幕から36試合連続出塁のセ・リーグ記録達成につながったんじゃないか。この打席は空振り三振。8回も三振。淡泊な打席は連続試合出塁でチームに勢いをつけていた時と比べて、あまりにもギャップが大きい。

 逆にDeNAを見てごらんよ。初回ソトの先制2ラン。7回宮崎のソロ。これまで振りすぎて不振を極めていた打者が「軽打」でスタンドまで運んだんだよ。週末には大事な直接対決の広島3連戦が控えている。勇人には冷静に自分の姿を振り返ってもらいたい。 

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2019年5月23日のニュース